営業部SALES DEPARTMENT

きめ細かい対応でお客様の課題を解決

販売する商品分類と取引先の業態によって製粉チーム、食品・食材チームに分かれ、さらにマーケティングを担当する営業企画チームがあります。業務用商品は加工メーカー、家庭用商品はバイヤーや消費者のニーズを把握し、開発部、生産部に伝え、お客様に満足していただける商品を提供しています。新商品の導入や普段の製造で困りのことがあれば、テクニカル担当営業部員も待機しています。

きめ細かい対応でお客様の課題を解決きめ細かい対応でお客様の課題を解決

意見が飛び交う職場

お客様の要望に応えたうえで、商品の売上げが伸びることが、最大の喜びであり達成感をあじわうことができます。明るく、活気のあるメンバーが、設定した目標に向かって、協力しあって日々の業務を遂行しています。オフィスはフリーアドレス制をとっており、チームや部署の垣根を越えて、意見が飛び交う賑やかな職場です。

意見が飛び交う職場意見が飛び交う職場

社員インタビューINTERVIEW

営業部で働く社員が、
仕事の内容や魅力について語ります。

想いと向き合う。想いと向き合う。

想いと向き合う。想いと向き合う。

営業部 製粉チーム八田 知樹2018年入社

ニーズを捉えた自由な発想で
最善の提案をする

私の主な仕事は、提案営業活動です。お客様から課題をいただくこともあれば、自主提案することもあります。市場調査をし、どのような製品を提案することがお客様にとって最善なのかを探り、自分の考えで提案内容を決めています。入社後半年間は、先輩に同行し仕事を教わり、その後は担当クライアントを任されます。もちろん先輩にフォローしてもらいながらです。早い段階から自分がやりたいと思うことに挑戦させてもらえるので、とてもやりがいを感じています。

ニーズを捉えた自由な発想で最善の提案をするニーズを捉えた自由な発想で最善の提案をする

プラスアルファの提案で
採用を勝ち取る

以前、ご相談を受けてから納品までに約1年かかった案件がありました。開発のハードルが高かったこともあり、試作品を作り、お客様の意見を伺い、改良する。イメージ通りの製品を完成するため、そんなやりとりが繰り返されました。最終的に開発部と相談を重ね、これまでとは異なる切り口で、自社の新製品と組み合わせた提案に変えたんです。するとその提案がお客様の心に刺さり、即採用。本当に嬉しかったですし、お客様が求めているものを理解するだけでなく、その先をいく提案をしなければいけないと改めて実感しました。

プラスアルファの提案で採用を勝ち取るプラスアルファの提案で採用を勝ち取る

「八田くんから買いたい」と
ご用命いただける信頼関係を築く

今後、提案の幅を広げていくためにも社内の教育制度を利用して、製パン技術を学びたいと考えています。というのも、私のお客様のほとんどはベーカリー様ですので、その小麦粉を使用して作られる製品のことまで考えて提案しなければいけないからです。実際、先輩方はパンの製造知識を持っており、お客様の立場や状況を深く理解した上で提案されているため強い信頼関係で結ばれています。私もお客様から頼っていただける存在、さらには「八田くんだから買いたい」と思っていただけるような関係性を築けるよう、日々精進してまいります。

「八田くんから買いたい」とご用命いただける信頼関係を築く「八田くんから買いたい」とご用命いただける信頼関係を築く

TIME SCHEDULE

9:00

出社

メールをチェックし、
新聞などを見て情報収集。

10:00

商談

11:40

帰社

見積書、書類作成など。

12:00

お昼休憩

社内にいる時は、
先輩と一緒にランチ。

13:00

商談に向けて移動。

14:00

ベーカリーにて
商品提案実施。

16:00

帰社

社内ミーティング。
お客様から頂いた課題に対し、
開発部と協議。

16:30

サンプル提供品の
準備や書類作成

17:00

翌日のTO DOを整理

17:30

退社

Love it!

私の好きな製品はい~湯だね!冷凍湯種SP

私の好きな製品はい~湯だね!
冷凍湯種SP

私の好きな製品はい~湯だね!冷凍湯種SP

数あるメーカーの中で“湯種”は、奥本製粉が製造・販売している唯一無二のオリジナル製品です。実は、私にとって初めての大口取引に導いてくれた製品でもあります。実際、たくさんのお客様にご使用いただいている自慢の一品です!

私の好きな製品はい~湯だね!冷凍湯種SP
お問い合わせ採用に関するお問い合わせ