品質保証部QUALITY ASSURANCE DEPARTMENT

お客様に「安全・安心」で高品質な製品を提供

当社が製造・販売する製品の安全・安心を保証する主管部署です。原材料の品質検査から製品の出荷前検査を経て、出荷・流通、お客様に届くまで全ての品質を安定させ、お客様に安全・安心を提供できるよう日々活動しています。また、社内の品質管理活動を支援するため、品質や法令などに関する教育、啓蒙なども行っています。

お客様に「安全・安心」で高品質な製品を提供お客様に「安全・安心」で高品質な製品を提供

会社への“信頼”を守る

食品の安全に関心が高まる中、“安全でない製品は出荷しない”という使命から、会社の信頼を築くように一丸となって取り組んでいます。検査業務は、地道に黙々と行っていますが、データ分析やお客様への回答など、意見交換や情報共有は活発に行い、明るい職場です。全ての製品の品質を支えているという責任と誇りは、大きなやりがいへとつながります。

会社への“信頼”を守る会社への“信頼”を守る

社員インタビューINTERVIEW

品質保証部で働く社員が、
仕事の内容や魅力について語ります。

安全・安心と向き合う。安全・安心と向き合う。

安全・安心と向き合う。安全・安心と向き合う。

品質保証部岩本 晋太朗2016年入社

品質を守り、
安全・安心を提供する

私は、原料の小麦から製粉した小麦粉までの品質管理を担当しています。同じ種類の小麦でも成分が大きく異なる場合もあります。その分析結果に基づき、一定の品質を保てるよう、製造現場に速やかに情報発信を行うのも私の仕事です。少しでも不安要素がある時は、経験や勘に頼らず過去のデータの数値と見比べるようにしています。安全・安心を守るため、細心の注意を払い、日々の仕事に取り組んでいます。

品質を守り、 安全・安心を提供する品質を守り、 安全・安心を提供する

自分が“最後の砦”である
という意識と責任

品質保証部がGOと言わなければ、製品が出荷されることはありません。決してあってはならないことですが、もし私たちがミスを犯せば、お客様からの信頼を揺るがし兼ねない重大な問題へと発展してしまいます。ダブルチェックはもちろんのこと、あくまで自分が“最後の砦”であるということを常に意識しています。そのため、異常を発見した際には、速やかに原因究明・トラブルの解決に努めます。このように強い責任感を持って業務に取り組む分、やりがいも大きいです。

自分が“最後の砦”であるという意識と責任自分が“最後の砦”であるという意識と責任

幅広い知識を身につけ
品質保証のエキスパートへ

品質保証に携わる範囲は広く、原料から製品が完成するその全ての工程を把握しなければいけないなど、多くの知識が必要とされます。たとえば、製造時のトラブルの原因を特定するには、機械の知識だけでなくこれまでの経験から得た知識も求められます。さらに、法令関係は更新されていくものなので、一度学べば終わりというものではありません。品質表示法や異物混入対策、製造現場に関わる講習会などの外部セミナーを受講させていただき、その知識を蓄積しています。今後は思考力を養い、品質保証のエキスパートとして仕事ができるよう日々研鑽していきます。

幅広い知識を身につけ品質保証のエキスパートへ幅広い知識を身につけ品質保証のエキスパートへ

TIME SCHEDULE

9:00

出社

今朝積み込まれた製品の
品質管理を行ない、
サンプリングをしに製粉工場へ。

9:30

検査業務

持ち帰ったサンプルの検査を実施。

11:00

試験票作成

製品に添付する
試験票の作成業務。

12:00

お昼休憩

13:00

検査業務

麦サンプルの検査。
異物があるかをチェックし、
テスト挽砕をする。

14:00

チームミーティング

チームで集まり、
報告・連絡・相談。

16:00

工場へのサンプリング

朝から夕方までの製造に
異常がなかったかを確認。

17:30

帰宅

翌日のTO DOを整理し、
業務終了。

Love it!

私の好きな製品は美瑛のちから

私の好きな製品は美瑛のちから

私の好きな製品は美瑛のちから

美瑛産の小麦を使用した小麦粉で、食パンがふっくら焼き上がります。開発部の方からパンをいただくことがあるのですが、その中でいちばん美味しいと思ったのが、この小麦粉で作ったパンでした。ぜひ試していただきたいです!

私の好きな製品は美瑛のちから
お問い合わせ採用に関するお問い合わせ